迷ったらGO! 植毛へ

サイトマップ

ARTICLE LIST

自毛植毛とはどの様な物なのか

サングラスをかけた男性

一般的に禿げている方と言えば、頭頂部に毛髪が無く後頭部やサイドには生えていると言うケースになります。なので何とか頭頂部を誤魔化す形で禿げを隠そうとする方は多いのですが、この様な生え方だからこそ有効になるのが自毛植毛になります。自毛植毛とは後頭部やサイドに生えている髪の毛を頭頂部に移植する形になりますので、全体の毛量は変化しませんが全体的に髪の毛を生えさせる事が可能になります。
なので育毛剤では効果がなかった方やカツラに煩わしさを感じている方などには特に有効な手段になっています。また自分の髪の毛を移植すると言う事から基本的に拒否反応は出ませんし、カツラと違って定期的なメンテナンスなども必要ありません。したがって自毛植毛する事は非常にメリットが大きくなるのですが、デメリットもあります。そのデメリットの最たる例が、失敗した時のダメージが大きいと言う物になります。
これは上記のように後頭部やサイドの髪の毛を移植すると言う形になりますので、万が一失敗してしまった時にはその部分も髪の毛が無くなってしまいます。なので自毛植毛をする際には、経験豊富で実績のある信頼できるクリニックを選ぶ事が重要になると言えます。

安心できる自毛植毛クリニックの見つけ方

自毛植毛を考えた場合には予算なども問題点ではありますが、それ以上にどこで手術を受けるかが重要になります。基本的に自毛植毛は失敗してしまった時には計り知れないダメージになりやすいので、できる限り安心できるクリニックを見つけてそこで手術を受けた方がメリットは大きくなると言えます。そしてそのクリニックの探し方のポイントになるのが、まずはホームページなどに症例や料金などをキチンと掲載している事になります。
この様な症例を掲載していると言う事は手術を受けた方の満足度が高い事の裏付けになりますし、料金の目安などが掲載されていれば追加料金など余計な出費の可能性を減らせます。また基本的に文字だけではいくらでも良い事が書けてしまいますので、その証拠となる症例画像などがない場合にはそのクリニックは危険性が高くなるとされています。
次に口コミサイトなどで自毛植毛の実体験を元に探す方法ですが、こちらは事前にデメリットを把握できるので有効性は高くなります。通常はホームページなどではその様なデメリットまで記載している所は少なく、カウンセリングを受けた時に初めて知らされるようになります。なので前もってデメリットを把握しておけばカウンセリングもスムーズに行えますし、危険性の高そうなクリニックを避ける事も可能になります。

自毛植毛の利点と欠点について

通常は薄毛などの対策としては育毛剤の使用や生活習慣の見直しなどによって新たに髪を生えさせると言う方法が使われています。しかし、その様な方法は時間がかかりますので効果がなかった場合には多大な時間を浪費してしまう事になります。なのでこのリスクを回避する方法として、自毛植毛が選ばれるケースが増えてきています。
自毛植毛とは今生えている髪の毛を無毛部分に移植する事によって新たに髪を生えさせると言う方法になります。基本的には多くの方がそうであるように後頭部の毛髪を頭頂部に移すと言った術式になりますが、この自毛植毛は自分の毛を使うという事から拒否反応が出にくいと言う特徴があります。これは非常に大きなメリットになっていて、拒否反応が出にくいと言う事はそのまま定着率の上昇に繋がりますので高い満足度を得ることが可能になります。
また、自毛植毛はカツラなどと違って定期的に手入れをする必要もありません。基本的にはいつもと同じ様に頭を洗う事で汚れは落ちますし、定着しているので粘着力など外れてしまう心配も必要無くなっています。ただし一回で移植できる毛量には限りがありますので、自毛植毛は長期的になりやすく即効性はほとんど期待できないと言えます。

TOP